フェイシャルエステを利用する際の注意点とは?

美顔になりたい女性たちの間で人気なのが「フェイシャルエステ」。20代から30代の若い女性の多くが、その効果で彼氏をゲットしたり、周りから素敵な目で見られているのだとか。

 

 

 

そんなフェイシャルエステ、いいことも多いのですが、ちょっとばかり注意すべき点もあるようです。いったいフェイシャルエステとは、そしてその注意点とは何なのか、今さら人に聞けないこれら諸々、ばっちり解説致しましょう。

 

 

 

フェイシャルエステって何?

多くの方から「きれいになれた」「彼氏ができた」と大評判なフェイシャルエステとは、いったいどのようなものなのでしょうか。その概要について説明していきます。

 

 

 

フェイシャルエステとは、顔の改善を目的として行われる施術のことです。主な効果としては、むくみやシワ、シミやくすみ、ソバカスなどの解消、そして小顔効果ハリ、ツヤの改善などです。

 

 

 

主に行う具体的な施術内容としては、コーラゲンジェルを使用したハンドエステや、水分の補給を目的とする軟水パックにオイルトリートメント、そして、LEDやレーザーを使った機械的な処置などです。

 

 

 

サロンによって、行う施術や処置の内容は大幅に異なります。それによって料金も大きく変動するため、当初の予算より大きな金額を必要とする場合もあります。なので、事前にカウンセリングなどで具体的な内容を確認したりなどして、よく検討するようにしましょう

 

 

 

フェイシャルエステでトラブルが発生することがある?

肌や顔の状況に応じたさまざまな施術によってあらゆる悩みを解決してくれるフェイシャルエステ。いかんせんその効果ばかりが強調されていますが、実はこれによるトラブルが発生していることはあまり知られていないようです。

 

 

 

いったいどのようなことが起きてしまっているのか、知っておきましょう。

 

 

 

肌が荒れた!

 

お肌をきれいにするはずのフェイシャルエステで、逆に荒れてしまったという事態が一部で発生しているようです。

 

 

 

たとえば、ハンドマッサージで使用するクリームが患者の肌に合わず、ひどい発疹が起きてしまった、あるいはレーザー治療中、患部に光線を照射しすぎて火傷してしまったといったようなことです。

 

 

 

前者の原因は、カウンセリングの不足によって利用者の肌環境を十分に把握していなかったことや、質の悪いクリームを使っていたことなどが挙げられます。また後者においては、施術を行ったスタッフの技量不足が大きな要因です。

 

 

 

しっかりとサロンを選ばなければ、こうしたひどい目に遭ってしまうおそれがあります。くれぐれもご注意を。

 

 

 

法外な料金を請求された!

 

エステを受けた後で、突然聞かされていなかった多額の治療費を要求されるトラブルが、以前から後を立ちません。大抵のサロンにおいては、施術前に料金を全額前払いすることがほとんどなので、このようなトラブルが発生するのは、サロン側になにかしらの悪意があることが考えられます。

 

 

 

もしこのような事態に直面してしまった場合は、決して焦らず専門機関に連絡してください。スタッフから「このまま払わないと犯罪になる」と脅されてしまうかもしれませんが、それに屈しないようにしましょう。

 

 

 

他人事じゃない?フェイシャルエステ失敗談

フェイシャルエステを巡るさまざまなトラブルは、決して対岸の火事ではありません。そう遠くない将来、あなたも同じ状況に直面してしまう可能性だって十分にあるのです。

 

 

 

「私に限って」と思っていながらそのトラブルに遭ってしまった方々のこわい体験談をご紹介しましょう。

 

 

 

Eさん:33歳会社員

 

そもそもフェイシャルエステを受けようと思ったきっかけは、友人でした。都内にある大手クリニックでフェイシャルエステを受けたという彼女のお肌はツルッツル。それまでのザラザラしたお肌がまるでウソのようでした。

 

 

 

「エステに行ったら変わっちゃった」という友人の言葉がうらやましくなり「私も!」とフェイシャルを受けることを決意。でも例の大手クリニックは料金も高く、友人と同じところに行くのもなんだか気が引けたので、近くにあったちょっと小さめのエステを受けることに。「きっときれいなお肌になれますよ」という先生の言葉を真に受け、クリームによるハンドマッサージを受けたのですが……。

 

 

 

手術を受けた翌日から、お肌がキレイになるどころか赤いツブツブが! おまけにかゆくてかゆくてたまらないんです! これってエステが原因でしょとサロンを問いつめてものらりくらりと逃げられて無しのつぶて。結局私の肌はフェイシャルエステでよけいひどいものになっちゃったのです。

 

 

 

Uさん:23歳学生

 

今でも思い出す度に腹が立ってしまいます。二年前、夜更かしばかりで肌が荒れていた私は、密かにフェイシャルエステというものにあこがれていました。「どこか格安で受けられる場所ないかしら」と思ってネットで探してみたところ、近所に格安で受けられるサロンを発見。早速行ってみたのですが、この判断が大間違いでした。

 

 

 

わくわくして施術を受けてみたところ、水のような液体をお肌にちょっと塗るだけ、時間にして10分足らずで終了。それに加え、最初に言われていた料金の2倍もの額を請求されてしまいました。断ろうとすると「警察を呼ぶ」と脅され、泣く泣く支払い。今思えば、私から逆に警察を呼んでいればよかったのです。

 

 

 

皆さんも怪しげなエステサロンには注意してください。

 

 

 

安心なフェイシャルエステを受けるために注意しておくべきこと

フェイシャルエステについて、さまざまな注意点を説明致しましたが、こちらが気をつけていればこのような被害は避けることができます。

 

 

 

では、いったいどのような点に気をつけるべきなのか。この項目にて説明するポイントをしっかり押さえておきましょう。

 

 

 

口コミの評判はどうか

 

エステサロン選びにおいてもっとも重要なのは、口コミの評価です。評判のよいサロンであれば感謝の口コミがたくさんあるはずですし、その逆もまた然りですよね。あまりにもひどいサロンについては、この口コミを参考にすることでほとんど回避できます

 

 

 

知名度のあるサロンか

 

大手のエステサロンがすべてにおいて必ずしも優れているというわけではありませんが、多くの点で高いレベルを誇っているというのは事実です。大規模な事業を展開しているからには、高品質のサービスを提供できているはずですからね。

 

 

 

少なくとも、名前を聞いたことが無いようなサロンよりは、遙かに信頼できます。大手のみに絞って知名度優先のサロン探しをするのも、決して悪い方法ではありません。

 

 

 

料金体系は適切か

 

悪質なサロンのほとんどは、その料金体系が不鮮明です。事前に金額を知らせてくれなかったり、必要以上に安さをアピールするような場所は注意しましょう

 

 

 

良質なサロンであれば、事前にしっかりと料金の説明を行いますし、トラブルが発生しないよう前払い制をとっています。こうした点がしっかりできているかいないかという点も、トラブルのないサロン選びには重要なポイントです。

 

 

 

中は綺麗か

 

人気のあるサロンは、その建物の中もしっかり管理されています。たくさんのお客を気持ちよく迎えなければならないのですから、当然ですね。

 

 

 

椅子がホコリだらけだったり、テーブルにゴミが散乱しているような施設は問題外。植物が枯れているといったのもNGです。きっと、施術用の道具もちゃんと管理できていないでしょう。

 

 

 

安心なサロンを見つけるなら、その周囲にも気を配って眺めてみるといいですよ。

 

 

 

まとめ〜フェイシャルエステを受けるなら事前情報をしっかり収集〜

以上、フェイシャルエステを受けるにあたっての注意点について説明致しました。うれしい効果がいっぱい期待できる一方で、注意すべき点も少なくないフェイシャルエステ。あなたの顔を他人に委ねるのですから、油断は禁物です

 

 

 

この記事で説明したポイントを念頭に置いて、優良サロン探しをしましょう。

 

フェイシャルエステの注意点関連ページ

光フェイシャルとレーザー
くすみにシミ、むくみにシワとさまざまな女性の悩みを解決するなら、やはりフェイシャルエステが一番です。女性のお肌についてしっかり学んだ専門のスタッフたちが、それぞれの肌に合った適切な処置をしてくれます。
しわ取りフェイシャル
もっと手早く悩みを改善したい。そんな人におすすめしたいのが、しわ取りフェイシャルです。エステやクリニックで行われている人気の施術方法に関して、徹底的に解説していきます。
フェイシャルエステのクレンジング
女性の美容にとって重要な役割を担っているフェイシャルエステでのクレンジングに関してご紹介します。
フォトフェイシャル
特に最先端の美容法として台頭してきているのがフォトフェイシャル。様々な肌トラブルに効果的とも言われているフォトフェイシャルに関してその仕組みから特徴、副作用まで、多くの人が気になっていることに関してご紹介します。
リンパドレナージュ
大注目されているのがリンパドレナージュです。一体どんな効果が期待できるのか、その実態をご紹介します。