フォトフェイシャルの仕組みや特徴、そして副作用はあるの?

いつの時代になっても女性の美容に関する悩みは絶えません。近年では、様々なスキンケア方法が注目されていますが、特に最先端の美容法として台頭してきているのがフォトフェイシャル。様々な肌トラブルに効果的とも言われているフォトフェイシャルに関してその仕組みから特徴、副作用まで、多くの人が気になっていることに関してご紹介します。

1、フォトフェイシャルって何?

 

スキンケアに興味を持っている人であれば、一度は聞いたことがあるかもしれません。しかしながら、その実態を具体的に説明できる人は少ないでしょう。そこでまずは、フォトフェイシャルとはどういった治療が行われているのか、根本的なところから掘り下げていきましょう。

医療機関のみで実施

最近ではエステサロンでも受けられると勘違いしている人もいますが、フォトフェイシャルとはルミナス社が開発した医療機器の名前であり、美容皮膚科などの医療機関でしか受けることができない光治療です。IPL(インテンス・パルス・ライト)という光を肌に直接照射して治療が行われます。レーザー治療と混同してしまいそうですが別物です。

レーザーがメラニンにだけ反応

フォトフェイシャルで使用されているIPLという光は特定のものにのみ反応をするという性質を持っています。そのため、肌トラブルの原因のひとつである肌に沈着してしまったメラニンに対して集中的に照射することが可能です。この特徴的な性質を持っていることによって、周りの正常な組織を傷つけてしまう危険性もほとんどありません。

肌のターンオーバーを促進

肌トラブルを改善するためにはターンオーバー(新陳代謝)を促進する必要があります。フォトフェイシャルのIPLにはその効果をも期待ができるのです。そのため、沈着してしまったメラニンを自然に排出させることが可能となります。また、コラーゲンを再生させる線維芽細胞を活性化する働きもあり、ハリのある肌へと導いてくれます。

2、フォトフェイシャルの種類

 

使用している機械は医療機関によっても異なりますが、様々な種類の機械が導入されています。光の波長の長さであったりとそれぞれに特徴を持っているため、従来使用されていたものよりも効果が期待できるものが多いです。ここでは代表的なものをご紹介します。

フォトRF

フォトフェイシャルで使用されるIPLの光治療とRF(高周波エネルギー)を組み合わせたものです。つ以上のフォトフェイシャルと違って、光エネルギーだけでは伝わらない熱エネルギーを肌の奥へと伝えることができるため、高い刺激を与えることが可能です。また、痛みや肌へのダメージも軽減されるため安心です。

フォトフェイシャルファースト

通常のフォトフェイシャルの光波長域のバリエーションは3種類でしたが、7種類へと大幅に増加したことによって、様々な肌質の人にも対応できるようになっているのが特徴です。また、治療の設定も増加しているため、短時間できめ細やかな治療が可能となり、より安全で確実な治療を実現しています。

フォトフェイシャルアクネス

主にニキビに対して使用されるための機械で、ニキビの原因とも言われているアクネ菌が名前の由来でもあります。肌に最も多く存在している菌類であるがために、毛穴が詰まって皮脂が溜まり、アクネ菌が繁殖してしまいます。この治療法はアクネ菌のみにダメージを与えることが可能なため、肌トラブルの中でもニキビ専用の治療法ということができます。

3、フォトフェイシャルの特徴

 

肌トラブルを改善するために、様々な治療方法がありますが、フォトフェイシャルはそれらとどんな違いがあるのでしょうか。メリットとも言える特徴をいくつかご紹介します。自分のライフスタイルにマッチしているのか、他の治療方法とも比較をしてみてくださいね。

様々な症状を改善

実際にフォトフェイシャルを受けることによって、多くの肌トラブルを改善できると言われています。具体的にはシミ・ソバカス、赤ら顔、小じわ、毛穴の開きなど、多くの女性が悩まされていることを根本的に解決してくれるのです。顔全体に光を当ててあげることによって、素肌が本来持っている美しさを引き出すことができますよ。

肌へのダメージが少ない

他の施術方式を体験したことがある人で、あまり効果を得ることができなかったという人もいますが、肌が火傷してしまうなど負担を掛けてしまったという話も珍しくありません。レーザー治療に関しては肌への刺激が強すぎるため、そういったケースも考えられますが、フォトフェイシャルの光はカメラのフラッシュのように優しいため、肌へのダメージを最小限に抑えることが可能です。

ダウンタイムが少ない

美容に関する治療を受けた後に通常の生活に戻ることができるまでの時間をダウンタイムと呼ばれています。レーザー治療の場合でも日常の生活を送ることに問題はありませんが、施術後に保護テープを貼って経過を観る必要があります。そのため、その間は洗顔や化粧などができないのですが、フォトフェイシャルは施術直後から行うことが可能です。

4、フォトフェイシャルの副作用

 

光を直接肌へと照射するため、何か副作用が出てしまうのではないかと心配している人も多いかもしれませんが、実際にはどうなのでしょうか。初めての経験で不安に感じていることを解消するためにも、真実をご紹介します。

フォトフェイシャルが受けられない人

特殊な光を肌に直接当てて、施術を行うフォトフェイシャルは、特に副作用が起きて失敗してしまうというケースはありません。また、基本的には肌への影響が少ないため、強い出力で照射しない限り、トラブルを起こしてしまうといった心配も不要です。しかしながら、一部の人たちは様々な理由によって施術を受けることができない場合もあります。

  • 色黒の方、肌の色素が濃い
  • 日焼け直後、もしくは施術後に日焼け予定がある
  • 肝斑がある
  • アトピーなどの炎症が深刻
  • 顔に刺青やアートメイクをしている
  • 妊娠中
  • 日光過敏症
  • 皮膚の炎症を起こしやすい
  • 糖尿病や心疾患を患っている
  • ペースメーカー着用している

フォトフェイシャルが受けられな理由

では、何故上記に挙げられた状態に当てはまる人は、フォトフェイシャルを受けることができないのでしょうか。光治療で使用されているIPLは皮膚の表面の色に反応をしてしまいす。治療の目的とまったく関係のないものまで除去しようという働きをしてしまうため、腫れや火傷の原因にもなりかねません。

 

 

 

また、妊娠中であったり、糖尿病、心疾患を患っているひとがフォトフェイシャルの施術を受けた場合、身体の免疫力やホルモンが不安定となっているため、結果的に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあります。ペースメーカーがあ入っている方は照射時の電気によって、誤作動を起こしてしまうことも考えられます。

 

 

 

これらのことが決してすべての人に当てはまるわけではありませんが、もし万が一のことを考えて、施術前のカウンセリングでは医師に伝えておくことが大切です。他のレーザー治療等に関しても同様のことが言えるため、覚えておきましょう。

5、まとめ

 

最先端治療として、近年注目を集めているフォトフェイシャルに関して、その仕組みから特徴、副作用まで一気にご紹介してきましたが、お分かりいただけたでしょうか。肌への負担が少なく、それでいて様々な肌トラブルに適用されているので、気になる方は是非、試してみてくださいね。

 

フォトフェイシャル関連ページ

フェイシャルエステの注意点
いったいフェイシャルエステとは、そしてその注意点とは何なのか、今さら人に聞けないこれら諸々、ばっちり解説致しましょう。
光フェイシャルとレーザー
くすみにシミ、むくみにシワとさまざまな女性の悩みを解決するなら、やはりフェイシャルエステが一番です。女性のお肌についてしっかり学んだ専門のスタッフたちが、それぞれの肌に合った適切な処置をしてくれます。
しわ取りフェイシャル
もっと手早く悩みを改善したい。そんな人におすすめしたいのが、しわ取りフェイシャルです。エステやクリニックで行われている人気の施術方法に関して、徹底的に解説していきます。
フェイシャルエステのクレンジング
女性の美容にとって重要な役割を担っているフェイシャルエステでのクレンジングに関してご紹介します。
リンパドレナージュ
大注目されているのがリンパドレナージュです。一体どんな効果が期待できるのか、その実態をご紹介します。