医療機関でのニキビ治療

女性のほとんどが頭を抱えているニキビ問題、皆さんはどのように対処していますか? 洗顔で顔を洗う? 食事に気をつける? 確かに間違ってはいないのですが、効果てきめんというわけではないですよね。

 

 

 

ニキビをできるだけ早く、なおかつ確実に治療するなら、やっぱり医療機関へ足を運ぶのが一番です。今回は、医療機関がどのようにしてニキビを治療するのか、そしてなるべく安い値段でニキビを解消するにはどうすればよいのか、徹底解説致します。

 

 

医療機関でのニキビ治療法:薬物療法編

医療機関におけるニキビの治療法の1つとして、薬物を使った方法があります。その薬の種類はさまざまで、施設や症状によってさまざまなものが処方されているようです。いったいどのような薬があるのか、種類ごとに見てみましょう。

 

 

外用薬

直接患部に塗り付けるなどして使う薬を「外用薬」と言います。直接的ゆえ高い効果が期待できますが、人によってはアレルギー反応などが発生してしまうデメリットもあるので、事前のリサーチが必要になります。

 

 

 

ニキビ治療に使われる外用薬としては、アクネ菌などを除去するための抗菌薬、毛穴のつまりを取り除くアダパレンという成分が含まれたディフェリン、それら2つの効果を併せ持つイオウ製剤などがあります。

 

 

内服薬

外用薬とは異なり、口から飲むことによって作用する薬物のことを「内服薬」と言います。体質から原因を取り除いていくため、長く続ければ高い効果が期待できますが、いかんせん外用薬に比べて治療に時間がかかるのがデメリットです。

 

 

 

ニキビ治療に対して処方される内服薬には、アクネ菌などを殺す抗生物質、体内の栄養不足を改善するビタミン薬、少ない副作用で血流を改善し、、炎症を抑制していく漢方薬などです。

 

 

 

このうち漢方薬には、ショウヤクやソウジュツ、トウキやセンキュウなどの自然材料が使われています。身体との相性や副作用の有無について、医師とよく相談したうえで何を使うかご検討ください。

 

 

医療機関でのニキビ治療法:理学療法編

薬物治療に対して、器具や人の手を用いた物理手段によって治療を試みる方法のことを、理学療法と言います。薬物療法のように、身体の相性によって効き目が大きく左右されるということは少なく、かなりの即効性が期待できますが、その分コストがかかります

 

 

面ぽう圧出

器具をニキビに押し付けることによって、角栓や膿を半ば無理矢理押し出してしまうといった方法です。もっともシンプルな治療法であり、ほとんどのクリニックにてそれほど高くない料金で施術を受けることが可能ですが、かなりの力技ですので、跡が残ってしまう可能性があるのが欠点です。

「ニキビが治っても、跡が残るんじゃ意味がない!」
という方は、この方法を医師にすすめられても決して同意しないようにしましょう。

 

 

ピーリング

肌に薬剤を塗ることで、古い角質を?がし取るといった方法です。これによって皮膚が新しいものに再生され、古い肌に溜まっていた不要な角質や老廃物、シミを一気に除去することができます。

 

 

 

厄介な肌の汚れをまとめてはぎ取ることができ、爽快ではありますが、ややピリピリとした痛みを感じてしまうことがあります。また、しつこいニキビに対しては1回で完治しないので、日をまたいで複数回行わなければなりません

 

 

レーザー治療

手術器具から高出力のレーザーを患部に照射し、ニキビを焼き切ってしまったり、穴を空けたりするといった方法です。その効果は非常に高く、しつこいニキビやニキビ跡に対しても有効な反面、取り扱いが非常に難しいので、スキルの低いスタッフが施術を行えば、トラブルの原因となってしまう恐れもあります。

 

 

 

また、一口にレーザーといってもさまざまな種類があり、その副作用の大小や金額も大きく異なってきます。炭酸ガスレーザーは料金が1回10000円程度ともっとも安いですが、肌への負担も大きく、術後はガーゼで患部を保護しなければなりません

 

 

 

逆にクールタッチレーザーは肌をほぼ傷つけることなく処置を行うことが可能ですが、1回60000円と非常に高額になります。申し込みの際は、どのような種類のレーザーを使うのか、医師に必ず確認をとっておきましょう。

 

 

その他、受けられる治療法

前2項目で紹介した他にも、ニキビ治療にはさまざまな方法があります。中にはまだまだ研究段階のものもありますが、知識を仕入れておいて損はありません。

 

 

イオン治療法

ビタミンCやプラセンタエキス等、さまざまな美容成分を顔に塗布したうえで弱電気を流し、イオンへと変化した成分を肌に浸透させていく方法のことです。ニキビ治療や防止の他、美白やお肌のハリ、ツヤアップ効果も期待できます。

 

 

 

しかし、これはあくまでも補助的な治療法であり、ニキビを完治させるほどの大きな効き目は持っていません。ニキビだけでなく、肌全体の健康を向上させたい場合に行いましょう。

 

 

光治療

赤、青、黄色の3色LEDダイオードを患部に照射することで、ニキビの治療を図る方法です。赤には炎症の緩和、青にはアクネ菌の殺菌、黄色は細胞の活性化による肌修復の効果がそれぞれあるとされています。

 

 

 

他に比べてまだまだ新しい治療法ではありますが、多くの方がその効き目を実感されています。医療機関だけでなく、器具さえあれば自宅でも行うことが可能です。

 

 

なるべく値段を抑えるには・・・

厄介なニキビとさよならするためとは言えど、できればお金をかけずに治療を行いたいですよね。高額な治療費を払うことなく、なおかつ効果的な施術を医療機関で受けるにはいったいどうすればよいのか、ちょっとしたコツを説明しましょう。

 

 

保険が適用される治療法を選ぶ

その治療法によって、健康保険が適用されるかされないかが異なります。たとえば、外用薬や内服薬などでの薬物治療、面ぽう圧出といった方法は保険が適用され、3割負担となります。ですが、ピーリングやイオン、レーザーや光治療は保険が適用されない「自由診療」とみなされる可能性があります。

 

 

 

保険診療と自由診療ではその金額に大きな開きがあるので、事前に必ず確認しておきましょう。

 

 

値段にこだわりすぎもいけない

なるべく安く治療を受けたいというのはほとんどの方が望まれていることであり、経済的な観点から見れば決して間違ってはいないのですが、こだわりすぎるのもいけません。

 

 

 

安い治療法というのは、安いなりの理由があります。跡が残りやすい、なかなか効果が出ないなどのデメリットを考えずにそれらの方法を選択し、後悔してしまう可能性もないとは言い切れません。

 

 

 

値段だけでなく、その効果の詳細を比較検討した上で、治療法を選択するようにしましょう

 

 

医療機関選びは値段でなく評判で

ニキビ治療が受けられる医療機関というのは日本全国に多数存在しています。ですが、それらすべてが信頼できるかというと、そうとも言い切れません。特に、他と比べてあまりにも安すぎる施設は要注意です。

 

 

 

ろくな技術を持っていないスタッフしかおらず、利用者に無礼な接客を行い、挙句の果てには施術失敗などのトラブルをたびたび引き起こすような施設も中には存在しています

 

 

 

悲惨な目に遭わないために、検討している医療機関の口コミなどは必ずチェックしておくべきです。「〇〇(医療機関の名前) 口コミ」で検索をかければ、すぐにそこの評判を把握することができますよ。

 

 

まとめ〜なかなか消えないニキビは医療機関にご相談あれ〜

以上、医療機関におけるニキビ治療についてのさまざまな情報をご紹介しました。

 

 

 

洗顔やパックでもなかなか落ちないようなしつこすぎるニキビを除去するには、医療機関の専門家の手を借りるのがもっともよいと言えるでしょう。

 

 

 

ですが、一口に治療法といっても、手順や手段、金額等が異なるさまざまな方法があります。そして、その中のどれがもっとも優れているのかということも、その人の置かれている環境や経済状況によって変わってくるのです。

 

 

 

ニキビ治療を医療機関で受ける際は、この記事を読み直しておさらいし、自分に合った方法をご検討いただけると幸いです。