思春期ニキビと大人ニキビ

ニキビは思春期に出始めることが多いですが、思春期だけではなく大人になってからも出る場合があります。
そう考えると、ニキビは年齢関係なくできる肌の病気といえるでしょう。
では、思春期ニキビと大人ニキビをそれぞれ比べてみましょう。

 

■思春期ニキビと大人ニキビ
ニキビは、思春期にできるものも大人になってからできるものも同じだと思っている人がいると思いますが、そうではありません。
見た目が似ているのでそう思っても仕方がないと思いますが、ニキビの出来る箇所や原因には違いがあります。

 

・思春期ニキビとは
思春期ニキビとは20代に入るまでにできるニキビを指すのですが、Tゾーンといわれるおでこから鼻にかけて多く出ます。
あくまでも多く出るというだけなので、もちろん背中や首にもできます。
思春期は成長ホルモンにより皮脂が過剰分泌されますし、体の内部が変わる時期ですのでホルモンバランスも崩れやすく、そのためニキビが発生しやすい状態になっています。
ですが、思春期を過ぎると体のバランスが整い、そうなるとニキビは自然と少なくなります。

 

・大人ニキビとは
大人ニキビとは20代以降にできるニキビを指すのですが、Uゾーンといわれる頬から口のまわり、あごにかけて多く出ます。
大人ニキビは思春期ニキビより複雑で、様々な原因が絡んでいます。
ストレスによるホルモンバランスの乱れはもちろんのこと、それだけではなく生理や不摂生、睡眠不足、食事の偏りなども挙げられます。
一つの原因というよりは、複数の原因が重なっていることがほとんどだと思います。
大人ニキビは繰り返し同じところにできやすいという特徴があるので、若いときと違って新陳代謝も低下しているためシミとなって残りやすいのも悩みどころです。

 

ニキビを防ぐためにも、普段から規則正しい生活を心がけましょう。
食事によって肌の質も変わりますので、美肌に効果的なビタミンを多く摂取し、体の中から改善していきましょう。