頬のニキビと男性ホルモン

メイクだけでは隠しきれないニキビ。特に面積の広い頬のニキビは、とても憂鬱になってしまいますね。今回は、頬のニキビの原因となる男性ホルモンと、頬のニキビを改善する方法について詳しくご紹介します。

 

 

頬のニキビは男性ホルモンが原因?

頬のニキビ

 

頬のニキビには、片方だけにできるものと両頬にできるものがあります。それによって原因が異なる場合もあるため、まずは、頬のニキビについて見てみることにしましょう。

 

 

片方の頬にできるニキビ

右、左いずれかの片方だけにできるニキビは、なんらかの刺激を受けていることが考えられます。たとえば、ヘアスタイル。片方だけ顔を隠すようなヘアスタイルの場合、髪についている整髪料が刺激となって頬にニキビを作っている可能性があります。また、睡眠中、どちらか一方向を向いて寝るクセのある人は、枕や寝具が刺激となってニキビをつくっているのかもしれません。

 

 

両頬にできるニキビ

両頬に満遍なくニキビができてしまうという場合、肌の乾燥やホルモンバランスの乱れなどが考えられます。

 

 

乾燥

寒い季節やエアコンのきいた室内では、乾燥しやすいため、肌への影響も大きくなります。乾燥は皮膚を硬くし、古い角質がそのまま毛穴をふさいでしまいます。塞がれた毛穴につまった角質は皮脂と混ざり合い、ニキビの原因となってしまうのです。

 

 

ホルモンバランス

ヒトの体には性別に関わらず、男性ホルモン女性ホルモンが混在しています。正常な状態では、この2つのホルモンがバランス良く活動するため、健康な体を維持することができるのです。しかし、ストレスや疲労・睡眠不足・月経など、なんらかの影響によってホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが優位になると、ニキビができやすくなってしまうのです。

 

 

男性ホルモンとは?

男性ホルモンとは

 

男女問わず、体内でつくられている男性ホルモンとは、一体どのようなものなのでしょう。ここでは、男性ホルモンの働きと、ニキビとの関係性について詳しく見てみることにしましょう。

 

 

男性ホルモンの働き

男性ホルモンは、筋肉や骨を強化・維持する、血液をつくるといった大切な働きがあります。このほかに、動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの予防や心筋梗塞・脳梗塞の予防などにも役立っています。

 

 

 

男性ホルモンの主要成分である、「テストステロン」がその役割を主に担っているのです。

 

 

男性ホルモンとニキビの関係

ニキビをつくる原因の一つ「皮脂」。皮脂の成分は、ワックスエステル・スクアレン・トリグリセライドといったもので構成されており、皮脂腺から皮膚の表面へ排出されています。この排出量が多くなると皮脂の過剰分泌となり、毛穴に皮脂がたまります。結果、たまった皮脂がアクネ菌によって脂肪酸になり、ニキビができてしまうことになるのです。

 

 

 

男性ホルモンの成分のひとつに「アンドロゲン」という成分があります。これは、皮脂成分の半分以上を占める「トリグリセライド」の分泌を活性化する働きがあることが研究結果でわかっています。さらにアンドロゲンは、肌の角質を過剰に作り出してしまうため、過剰に分泌された皮脂と、角質が毛穴をふさぎ、ニキビのできやすい肌にしてしまうのです。

 

 

 

女性に比べて、男性の方が頬のニキビが多いのには、そういった原因があるのですね。

 

 

男性ホルモンが増加する原因

通常、女性の体内には、女性ホルモンの10倍もの量に相当する男性ホルモンが存在しています。女性の体内のホルモンは、女性ホルモン・男性ホルモンとも卵巣でつくられており、なんらかの影響によって、このホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。

 

 

ストレス

ヒトはストレスを感じると、自律神経のひとつである交感神経の働きが活発になります。常に身体が緊張・興奮した状態となり、男性ホルモンを活性化させます。交感神経は男性ホルモンの分泌を促進させるため、この状態が長く続くことによって、男性ホルモンが優位の体質となってしまうのです。頬ニキビのできやすい体質になるというわけなのですね。

 

 

睡眠不足

睡眠不足は、ストレスを感じる原因となります。上記に述べた通り、ストレスを感じると交感神経が活発になるため、男性ホルモンが増加する原因となってしまいます。新陳代謝をあげ、正常なターンオーバーを促すことは、ニキビ予防の基本。質の良い睡眠をしっかりとることが大切なのです。

 

 

運動不足

適度な運動はストレスを発散し、心地よい疲労感を感じることができます。ストレスをなくし、適度な疲労感によりぐっすりと眠ることができるのです。ストレス・睡眠不足と運動不足は、密接な関係があるので、身体を動かさずにいるということは、ストレスをためやすい身体になっているわけです。交感神経が活発になった身体は男性ホルモンが増加してしまうのです。

 

 

肉中心の食生活

牛肉などの赤身肉は、男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌を促進します。そのため、肉を中心とした食事を多くとっていると、アンドロゲンによる皮脂の過剰分泌となってしまうのです。

 

 

月経

じつは女性の体内で男性ホルモンが最も多く分泌される時期は、生理前と生理中です。生理前にイライラしたりするのは、この男性ホルモンが多く分泌されているからだとも言われています。

 

 

頬のニキビを改善するには?

頬のニキビを改善

 

男性ホルモンが原因の頬のニキビを改善するには、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを保つこと。頬のニキビの原因は、男性ホルモンによるものが多いので、女性ホルモンを増やすということを実践してみましょう。

 

 

 

おすすめは、女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンを多く含む食品を摂ること。豆腐や納豆、豆乳を毎日とることで、女性ホルモンの働きを活発にすることができます。1日の摂取量の目安は、豆腐なら1丁・納豆なら1パック・豆乳なら1本を毎日心がけるようにしましょう。

 

 

食事

また、食事は野菜中心の栄養バランスのとれたものをたベるようにしましょう。ビタミンを摂ることも忘れずに。1日の食事の中にイソフラボンを含む大豆食品を食べるように心がけるとより効果的です。

 

 

睡眠

質の良い睡眠は、ニキビだけでなく、美容や健康のためにも重要です。寝ている間に行われるターンオーバーは、肌を正常に保ち、美しい肌へと導いてくれる重要な働きを持っています。

 

 

運動

なかなか時間が取れず、運動不足になりがちな私たち。日頃の習慣の中で、早めに歩く・電車で座らない・階段を使うなど、ちょっとしたことでも運動不足を改善することができます。適度に体を動かす習慣を身につけましょう。

 

 

月経

一般的に月に一度はやってくる月経。ホルモンバランスが崩れやすいこの時期は、特に睡眠不足やストレスを感じない生活をおくることが大切です。イソフラボンを多く摂る・湯船にゆっくりつかったり、体を動かして血行を良くするなど、デリケートなこの時期の身体をいたわってあげましょう。

 

 

まとめ

頬のにきび まとめ

 

いかがでしたか?頬のニキビと男性ホルモンは、密接な関係があるのですね。不規則な生活とストレスをためこんでしまう毎日は、ホルモンバランスを崩し、男性ホルモンを優位にしてしまう最大の原因です。

 

 

 

大切な働きもしている男性ホルモンですが、男性ホルモンが優位になってしまうようなホルモンバランスの崩れはニキビの大敵です。女性なら誰もが、いつでもニキビのないすべすべの肌をキープしたいもの。エステやスキンケアなどのお手入れも大切ですが、まずは規則正しい生活習慣をしっかりと続けることが重要なポイントなのです。