大人ニキビの注意点

ニキビというと、10代などの思春期にできてしまうイメージが強いですよね。しかし20代を過ぎてもできてしまう、いわゆる大人ニキビというものがあることもご存知でしたか?

 

 

 

思春期ニキビと大人ニキビでは、対策もケアの仕方も異なります。大人ニキビが治らないな…とお悩みの方は、もしかすると誤ったケアをしているのかもしれません。今回は大人ニキビの注意点や対策について、紹介していきたいと思います。

大人ニキビの原因は?

 

20歳を過ぎてからできてしまうニキビを、大人ニキビと呼びます。少し以前までは吹き出物という呼び方をされていましたが、最近では大人ニキビという呼び方が浸透してきましたね。ニキビというと思春期特有のものだと思いがちですが、この大人ニキビに悩んでいる人は意外と多いです。

思春期ニキビと大人ニキビの原因は異なる!

ニキビができてしまうと思春期の経験から、自分の肌がオイリーなのだと考えさっぱりしたタイプの化粧水を使ったり、肌をできるだけ清潔に保とうとする人が多いです。しかし思春期ニキビと大人ニキビは、そもそも原因が大きく異なります。そのため治すためのケア方法や対策も、思春期ニキビとは全く違うと考えてください。

乾燥や老廃物の蓄積

大人ニキビの主な原因、それは肌の乾燥に伴って老廃物が蓄積されることだと言われています。乾燥が原因だと知って、驚く人は多いのではないでしょうか。ニキビといえば皮脂が多い場合にできてしまう、というイメージが強いですよね。しかしそれは、あくまで思春期ニキビの話です。

 

 

 

年齢を重ねると、人は代謝が段々と落ちてきます。これによって肌のターンオーバーが乱れ、肌が段々と乾燥してきます。そうすると剥がれ落ちるはずだった角質層がどんどん厚くなっていき、古い角質が毛穴に詰まってしまうという現象が起きるわけです。こうして塞がってしまった毛穴で古い角質と皮脂が混ざり合い、ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖し、大人ニキビが発生してしまいます。

ストレスや生活習慣の乱れ

大人ニキビの原因には、ストレスや生活習慣の乱れも挙げられます。社会人となってからは特に、多くのストレスに晒されることになります。またどうしても睡眠不足気味になったり、偏った食事をしがちということにもなりやすいです。

 

 

 

こういった生活習慣の悪化や栄養バランスの偏りが、結果としてホルモンバランスの乱れへと繋がっていきます。ホルモンバランスが乱れると、肌が潤いを保つために必要なエストロゲンや、皮脂の分泌量を左右するプロゲステロンなども、うまく作用しなくなってしまいます。こういったことが複雑に絡み合い、大人ニキビとなっていきます。

大人ニキビの注意点

 

大人ニキビは思春期ニキビと混在し、誤った治療法や対策を行う人が多いです。まずは大人ニキビを治していくための注意点、大人ニキビができないように気を付けておきたいことを紹介します。

市販のニキビ治療用品に注意

ドラッグストアなどにいくと、たくさんのニキビ治療用品が販売されているかと思います。しかし大人ニキビの人は、こういった物の購入には注意してください。ドラッグストアなどで販売されているニキビ治療用品は、ほとんどが思春期ニキビに焦点を当てたものであるためです。

 

 

 

上記でも紹介しましたが、思春期ニキビと大人ニキビは原因が全く異なります。そのためニキビができてしまったからと言って安易に市販のニキビ治療薬などを買ってしまうと、逆に症状を悪化させる恐れがあります。購入するときは大人ニキビ用のものなのか、よく見極める必要があります。

肌の乾燥に気を付ける

大人ニキビの大きな原因の一つは、肌の乾燥が挙げられます。ニキビができてしまうと自分の肌はオイリーなのかと考え、さっぱりタイプの化粧水などを使い始める人や、保湿クリームや乳液の使用をやめてしまう人が多いですが、これは逆効果となります。

 

 

 

大人ニキビには乾燥は大敵、例えニキビができていてもきちんと肌の保湿を怠らないように注意する必要があります。

クレンジングや洗顔の仕方

大人ニキビの原因である老廃物や、それに伴う皮脂の詰まり。乾燥やホルモンバランスの乱れも原因として挙げられますが、毎日のクレンジングや洗顔の仕方にも注意が必要です。

 

 

 

忙しい毎日を過ごす女性の中には、つい適当にメイクを落としてしまったり、シートでざっと落とした後そのまま眠ってしまったりという人が多いです。肌に残ったメイク汚れや老廃物が毛穴に詰まり、それが蓄積されることで大人ニキビを引き起こします。心当たりがある人は、まずはクレンジングと洗顔をきちんと毎日行うということからはじめましょう。

大人ニキビの治療法

 

大人ニキビの原因や注意点がわかったところで、ここからは実際に大人ニキビを治していくための治療方法を紹介します。

洗顔と基礎化粧品の見直し

大人ニキビの原因であるターンオーバーの乱れ、また乾燥肌を改善するために、まずは洗顔と基礎化粧品を見直してみましょう。まずは洗顔、油分を奪いすぎるタイプのものを使ってはいませんか?しっとりと保湿してくれるタイプの洗顔を使うことをおススメします。

 

 

 

また洗う際も、たっぷりの泡で擦らずに優しく撫でるように洗うようにしましょう。優しいタッチでもしっかりと汚れが落ちるよう事前に蒸しタオルで顔をスチームしたり、きめ細かい泡が立つ道具などを使ってみると良いかと思います。

 

 

 

基礎化粧品に関しても、思春期ニキビ用のものではなく保湿をしっかりできるものを選ぶと良いかと思います。できるだけ刺激を与えないようなタイプのものだと、より好ましいです。

食事に気を遣う

忙しい毎日を過ごしていると、ついつい食事も外食が多くなったりコンビニ弁当で済ませてしまったりと、栄養バランスが崩れがちになります。また脂っこい食事やコンビニ食品などに多く含まれる添加物は、ニキビを悪化させてしまう原因となります。

 

 

 

できるだけ自炊をしてバランスの良い食事を心がける、また外食の際もヘルシーなメニューを意識して選ぶようんにしましょう。肌に良いと言われるビタミンCビタミンBなどを積極的に摂取するように心がけましょう。普段の食事がどうしても偏りがちになるという場合は、サプリメントなどでこういった栄養素をとってもいいです。

睡眠をしっかり摂る

大人ニキビは肌のターンオーバーの乱れが、大きな原因となっています。肌のターンオーバーを整えるには、スキンケアはもちろん十分な睡眠も不可欠です。

 

 

 

また摂取した栄養素なども、寝ている間に体内へと吸収されていきます。ビタミンなどを効率的に吸収しニキビを改善させるためにも、質の高い睡眠をしっかり摂るように心がけましょう。

ホルモンバランスを整える

大人ニキビの解消のためには、ホルモンバランスを整えることも大切です。プロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンがありますが、これが増えると皮脂も増えて毛穴が詰まりやすくなります。エストロゲンと呼ばれるもう一方の女性ホルモンがうまく作用すれば大人ニキビはできませんが、ホルモンバランスが崩れているとこれがうまくいきません。

 

 

 

なのでスキンケアはもちろんですが、ホルモンバランスを整える活動も並行して行いましょう。エストロゲンと似た効果のあるイソフラボンを摂取してあげると、肌の調子が整うため、そういったこともうまく利用していきましょう。どうしてもホルモンバランスが整わずに悩んでいる場合、病院で低用量ピルなどをもらって整えることもできます。ピルは副作用などもあるため、かならず医師に相談したうえで処方してもらってください。

まとめ

 

大人ニキビの注意点について、様々な観点から説明してきましたがいかがだったでしょうか。

 

 

 

大人ニキビは思春期ニキビよりも様々な要因が絡んでくるため、繰り返しできてしまうという人も多いです。正しい対処方法や注意点を知り、綺麗な肌を取り戻していきましょう。