鼻のニキビ対策について

顔にできるニキビの中でも、顔の中心パーツである鼻にできてしまうニキビは特に気にしてしまいますよね。目立つ上に後も残りやすいため、一刻も早く治したいという人が多いでしょう。

 

 

 

今回はそんな目立つ鼻のニキビ対策について、対策や治し方などを紹介していきたいと思います。対策を知って、綺麗なニキビしらずの鼻を目指しましょう。

鼻のニキビはなぜできる?

 

あまり自分はニキビ肌ではないと思うのに、鼻にはよくニキビができてしまうと悩む方は多いです。鼻は顔の中心に位置するパーツであるため、ニキビができると目立って気分が下がってしまいますよね。なぜ鼻にはニキビができやすいんでしょうか。

顔の中で最も皮脂量が多い

鼻は顔のパーツの中で、最も皮脂量が多い部位だと言われています。これは鼻に皮脂を分泌する皮脂腺が多いからであり、毛穴が詰まりやすいことを意味します。また一つ一つの毛穴が大きいため、メイクをしっかりと落としたと思っていても実は落とせていなかったということも多く、そういった汚れも毛穴が詰まる原因となります。

 

 

 

皮脂やメイク汚れなどにより毛穴が詰まって、そこにアクネ菌が繁殖することでできてしまうのがニキビですから、皮脂量やメイクの落とし損ねが多い鼻にはニキビができやすいんです。

悪化しやすい部位でもある

鼻はニキビができやすいだけでなく、悪化しやすい部位でもあります。上記でも紹介したように、鼻は皮脂や多くメイク汚れが残りやすいため、雑菌もたまりやすくなります。なので炎症が起こり、赤くなったり痛みが出るタイプのニキビになりがちです。

 

 

 

また鼻のニキビは目立つため、気になってついつい自分で潰してしまうという人も多いです。そういった行為でニキビ跡が残ってしまったり、悪化させたりする人もいるため注意が必要です。

鼻のニキビ対策@正しい洗顔

 

鼻のニキビを解消、予防するための対策として、一番手軽で効果的なものに洗顔方法の見直しがあります。普段の洗顔の仕方を思い出しながら、以下の説明を読んでみてください。正しい洗顔、できていますか?

ゴシゴシ洗いは厳禁

よくニキビ予防を一生懸命しようとして、手でゴシゴシと洗顔してしまう人がいます。特に鼻がオイリー気味の人は、重点的に洗う人も多いですよね。しかし実は、ゴシゴシ洗いはNG。

 

 

 

鼻のニキビ対策でしっかり洗顔をすることは大切ですが、あくまで優しく洗っていくことが大切です。そのために必要となるのが、たっぷりの密度がある泡。泡のきめが粗いとうまく汚れが吸着しないため、もちもちの泡を立てて、その泡を肌の上で転がすようなイメージで洗顔を行いましょう。

 

 

 

今はたくさんの泡立て用品なども売られているので、そういったものを使うのもおすすめです。また、洗顔後に顔をタオルで拭くときも、優しくタオルでポンポンと水気を拭きとってあげるようにしましょう。

顔を洗うときはぬるま湯で

顔を洗うときに使うお湯の温度にも気を使いましょう。いきなり冷たい水で顔を洗ってしまうと、毛穴が引き締まってしまいうまく汚れが落ちない恐れがあります。かといってお湯で洗ってしまうと、顔に必要な潤いまで失われてしまいます。顔を洗うときは、触って温いと感じるくらいのぬるま湯を使いましょう。

すすぎはしっかりと

洗顔後に顔をすすぐとき、シャワーでざっと流してしまっている人や、時間がないからと適当にすすいでしまっている人はいませんか?洗顔料は肌に残ると、肌にダメージを与える原因となります。なので面倒くさがらずに、しっかりと洗い流すようにしましょう。

鼻のニキビ対策Aスキンケア

 

鼻のニキビ対策には、スキンケアも大切です。ここでは鼻のニキビができないために注意しておきたいスキンケア方法を、紹介したいと思います。

UVケアをしっかりと

鼻のニキビは、紫外線による影響も大きいと言われています。鼻は顔の中でも最も高い位置にあるため、紫外線などによる影響を受けやすいのです。日に散々当たった日の夜に鏡を見ると、鼻の頭だけが赤くなってしまっていた…なんて経験、一度はあるのではないでしょうか。

 

 

 

紫外線によるダメージはシミやそばかすの原因となることばかりが取沙汰されていますが、肌を乾燥させてバリア機能を低下させることにもつながっていきます。こういったことから、鼻にニキビができやすい状態になってしまうため、UVケアをしっかりと行うことが求められるのです。

保湿を行う

ニキビというと、肌を乾燥させようとする人が多いです。しかし皮脂が多く出てしまっていることが鼻ニキビに原因となっていることは多いですが、だからといって安易に鼻を乾燥させた方がいい、というものでもないんです。

 

 

 

鼻のニキビ対策に大切なのは、肌の水分と油分のバランスを整えること。なので油分が多い状態であるなら肌を保湿してあげることで、そのバランスを上手にとってあげることが求められます。肌の潤いが足りないと肌は逆に皮脂を多く分泌しようとするので、そういったことを防ぐためにも肌の保湿は欠かせません。

ニキビがあるときはメイクは我慢!

鼻のぽつりとできたニキビ、どうしても目立つ場所のため気になるという気持ちは痛い程わかります。しかしお化粧などで覆い隠してしまうのは、毛穴を防いでしまい治りを遅くする原因となるので避けるのが賢明です。本当に薄くメイクをするか、可能であればニキビの箇所にはメイクをしない方がいいでしょう。

鼻のニキビ対策B食生活

 

 

 

最後に普段の食生活の中で気を付けたい、鼻のニキビ対策を紹介していきます。鼻のニキビに良い成分や、逆に鼻のニキビが気になるときには摂取しない方がいい食物とはどういったものなのでしょうか。

おススメなのはビタミン

鼻ニキビに有効な成分として、代表的な物にはビタミン全般が挙げられます。特にCMなどでもニキビに効果があると謳っているビタミンB群、そして美容などの話題になると良く登場するビタミンCは、積極的に摂取していきたい栄養素です。

 

 

 

他にも抗酸化に効果的だと言われているビタミンE、粘膜の働きや免疫力を上げるために必要なビタミンAも、同時に摂取すると良いと言われています。

ニキビの原因となってしまう食べ物は

ニキビ予防や改善に効果的な栄養素がある一方で、食べると良くないものも存在します。代表的なものだとチョコレートやなどですが、基本的に脂っこい食べ物はNGだと考えてください。

 

 

 

これは一見脂っこさのないナッツ類、クリームのたくさんのったケーキなども同様なので、注意が必要です。また刺激物も摂取しすぎると胃腸に負担がかかり、栄養素の消化や吸収機能が低下して、ニキビができやすくなってしまうため注意が必要です。

添加物はホルモンバランスを乱す

コンビニ食が多かったり、ジャンクフードをよく食べることも、鼻ニキビを防ぐうえではよくありません。こういった食事にたっぷりと入っている食品添加物の毒素は肝臓などで分解されますが、当然その量が多ければ分解が追い付かずに体内に不要な毒素が溜まってしまいます。

 

 

 

これらがホルモンのバランスを崩し、結果として鼻ニキビという形で体外へ現れてくるのです。鼻の付け根によくニキビができるという人は、肝臓の疲れが原因となっている場合が多いため、一度食生活を見直してみてください。

まとめ

 

鼻のニキビ対策について、その原因から対策までを幅広く紹介してきました。どうしても目につく鼻ニキビ、できてしまったら気分がさがりますよね。

 

 

 

普段の生活から気を付けておくことで、鼻ニキビは防ぐことができます。是非今日からでも上記で紹介した対策を、実践してみてはいかがでしょうか。